IT革命

ITを活用したセミリタイア実践記

プロフィール

落合 博

Author:落合 博
IT革命を起こしてセミリタイアを目指します!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

賃貸物件に住む際にかかるお金

2012年06月29日(金)

今回は、賃貸不動産に住む場合の費用について紹介します。

こちらについては、売買と違ってなじみが深いと思います。


※毎月費用負担が発生するもの
 ■家賃

※定期的に費用負担が発生するもの
 ■更新料
  契約更新時の手続きにかかる費用らしいのですが、
  そもそも更新料なんて必要なのかという議論があります。

  都心ですと、家賃1ヶ月分程度のお金を2年間毎に支払います。
  (あくまで目安です)

※賃貸契約時にのみ発生するもの
 ■敷金
  家賃の滞納や部屋を引っ越す際に、
  修理が必要になったときを考え、事前に振り込むお金。

  よほど汚く部屋を使わない限り、退去時に戻ってくるお金です。
  (うまいこと理由をつけて、返さない大家もいるそうですが)

  都心ですと、家賃1ヶ月~2ヶ月分を支払う必要があります。
  (あくまで目安です)


 ■礼金
  部屋を借りたお礼に大家に渡すお金です。
  このお金は退去時にも戻ってきません。

  なぜ、このようなお金を支払う必要があるのか?
  戦後まもない頃、住む所が少なく、
  部屋を借りるときに、大家に感謝の気持ちを込めて包んだ
  お金が礼金の始まりなのです。

  今の世の中、必要なのか?という議論があり、
  礼金無料の地域・物件も存在します。


  都心ですと、家賃1ヶ月~2ヶ月分を支払う必要があります。
  (あくまで目安です)

 ■その他
  今後、紹介していきます。



敷金はまだしも更新料や礼金まで受け取るなんて、
大家はさぞ儲かっているんだろうと思うかもしれません。

実はそんなことないのです。


これについては次回紹介していきます。

スポンサーサイト

不動産売買した時にのみかかるお金

2012年06月28日(木)

今回は、不動産を売買をした際にかかる諸費用について紹介します。


※仲介手数料
売買を仲介してくれた不動産業者に支払うお金です。
購入金額の3%に6万円を足した金額に消費税を加えた金額になります。
(約3%と覚えましょう)


※登記費用
登記費用を説明する前にそもそも登記とは?

登記とは、法令に従い、
所有権等の権利を登記簿と呼ばれる帳簿に記載することをさします。

難しい・・・。

要は不動産を購入したことを
公的機関に認めてもらわないといけないということです。

登記は司法書士に依頼することになります。
司法書士に支払う報酬+名義書換料を登記費用と呼びます。



※火災保険、地震保険
火災保険は読んだままの意味です。
地震保険は火災保険に入ったら、オプションとして入る事ができます。
(地震保険単体での加入はできません)


次回から、賃貸側の話をするつもりです。

固定資産税・都市計画税も払わないといけない

2012年06月27日(水)

今回も区分マンションを購入した際にかかる費用について紹介します。

前回は、管理費・修繕積立金について紹介しました。
物件を購入すると管理費・修繕積立金が月1万円程度の支払いが生じます。


また、上記とは別に
固定資産税・都市計画税といったお金を支払う必要があります。


地価や広さによって差はあるのですが、
月換算にしてだいたい2500円~4000円程度と考えてください。



そういえば、大事な事を書き忘れていました。

前回の管理費・修繕積立金と今回の固定資産税・都市計画税の金額は、
ワンルームマンションを基準にしています。

ファミリー向けのマンションであれば、もっと支払いが多くなります。

自宅購入と書いておいて、ワンルームマンションかよ!
というツッコミがありそうですが、
ファミリー向けの相場を知らないので勘弁してください(笑)


前回および今回の記事にて、
住宅としてワンルームマンションを購入したとしても、
毎月13000円程度の出費が必要になることが分かりました。


続きは次回・・・

区分マンションにかかる維持管理費

2012年06月26日(火)

今回は区分マンションを購入した際にかかる費用について紹介します。

前回、物件の利回りについて紹介しました。
簡単におさらいします。


>物件購入価格が2000万円で年間収入が100万円の場合、
>利回りは100万÷2000万=5%(0.05) となります。

>利回りが5%ということは、
>物件購入価格(100%)を回収するために20年間かかることを意味します。


実は、世の中こんなに甘くはないのです。

区分所有者になるということは、
マンションの共用部も使う権利を持つことになります。

そのため、マンションそのものを維持・管理していくためのお金を
毎月、建物の管理会社に支払う必要があります。



管理費や修繕積立金と呼ばれ、毎月10000円程度支払うことになります。
(この額はピンきりで毎月5000円~30000円くらいの幅がありますが、
標準的なマンションは10000円前後です)


これでようやく賃貸との比較ができると思いましたが、
まだ費用がかかるのを忘れていました。

続きは次回・・・

基準は利回り10%

2012年06月25日(月)

今回こそ自宅購入と賃貸について比較します。

では、具体的にどのように比較するかを考えてみましょう。


まず、自宅を購入する際の指標として、利回りとは何かを紹介します。
利回りとは、支出に対する利益の割合のことです。

以下のような式にあてはめることができます。
 利回り=年間収入(利益)÷購入価格(支出)



物件購入価格が2000万円で年間収入が100万円の場合、
利回りは100万÷2000万=5%(0.05) となります。

利回りが5%ということは、
物件購入価格(100%)を回収するために20年間かかることを意味します。



区分マンションはリスクが少ない分、利回りが低くなる傾向がありますが、
投資として考えるのであれば、
利回り10%(10年で自己資金回収)を目指したいところです。


そこで、利回り10%の物件を購入して10年間住んだ場合と、
10年間賃貸に住み続けた場合について考えたいと思います。

区分と分譲の違い

2012年06月22日(金)

ついに自宅購入と賃貸について比較する!

でも、その前に・・・

区分って何?分譲って何? といった用語解説をしたいと思います。


何気なく使っている言葉ですが、
ちゃんと理解していないかもしれません。
(私もかなり怪しいですが)


※分譲とは?
宅地建物取引業という免許を持った不動産会社によって、
各部屋を個別(区分)に売買されること



※分譲マンションとは?
鉄筋コンクリートもしくは鉄骨鉄筋コンクリートで造られた共同住宅のうち、
宅地建物取引業という免許を持った不動産会社によって、
各部屋を個別(区分)に売買されるもの


※区分所有とは?
一棟の建物の一部(マンションの一室)について所有権を持つこと

一棟の建物でオーナーが一人でない場合、
各部屋の所有者が区分所有することから、区分マンションと呼ばれたりします。



■まとめ
分譲によって売買されたマンションの(各部屋の)オーナーが区分所有を持つ



※余談
マンションという言葉は国によって意味が異なります。

外国にいった際にマンションに住んでいると話すと、
(六本木ヒルズに住んでいるような)超大金持ちと思われる場合があるので、
アパートに住んでいると答えましょう。

中古戸建と中古区分を比較してみる

2012年06月21日(木)

自宅を購入すべきか賃貸すべきかについて紹介しています。

前回までは、新築物件や一棟物件のデメリットを紹介してきました。


あと残るのは、中古戸建と中古区分(マンションの一部屋)です。


今回は、中古戸建のデメリットというより、
中古区分と比較した場合に見劣りする点を紹介します。


それは立地です。


都心の分譲マンションと郊外の一戸建てが比較されるように
同じような価格帯の物件を探すとなると、
マンションの方が立地面に優れていることになります。


(あくまで私の先入観ですが)
同じグレードの物件を探すとなると、分譲マンションの方が安いはず。

というわけで、中古区分が一番お得であろうという結論がでました。

何となくこじつけっぽい気がしますが、気にしない(笑)

次回からようやく本題(購入か賃貸か)に入っていきます。

一棟物件を購入して一室に住むのは効率的か?

2012年06月20日(水)

今回は、一棟物件を購入して、
そのうちの一部屋に住む方法について考えてみます。


アパートやマンションを一棟丸々購入して、
そのうちの一部屋に住むという方法があります。


そもそも一棟物件なんて無茶苦茶高いのでは?

その通りです。
基本的にはローンを利用することになります。
(よほどの現金をお持ちの方は別ですが)



そうなると、気になるのが金利。

投資用ローンは住宅ローンより金利が高いため、
利益が残りにくくなります。


では、住宅ローンで一棟物件を購入することはできないのか?

答えはできます。

1Fに大家が住み、2Fを貸し出すという風に、
住居部分が50%以上である必要があります。


これも収益面は厳しく、あまり現実的ではないようです。

新築物件は業者の利益がたくさん乗っている

2012年06月19日(火)

今回は、新築物件を購入することについて考えてみます。

先日、友人がマイホームを購入したと教えてくれた。

都心から少し離れた場所に新築の戸建を建てるそうだ。


新築戸建には色々なメリットがある。

だが、投資という観点で考えると、これほど恐ろしいものはない。


新築の場合、業者側の利益がかなり乗っかっているのである。

その率は30~50%と言われている。


極端なことをいうと、
3000万円の新築物件を建てると、
買った瞬間に2100万円でしか売れなくなる計算である。

900万円損できますか?って話です。



多くの方が住宅ローンを用いるため、さらに損は膨らむばかり。

住宅ローンを払い終えた頃、子供が独立していたら、
年老いた夫婦には、広い戸建に住むことが一苦労になってしまいます。


いざ売却となった際に、いかにダメな投資をしてきたかが分かる。

これが新築物件なのです。


新築マンションの一部屋を購入するのもだいたい一緒です。

場合によっては利益率が低い場合がありますが、
都合よく、そのような部屋が手に入れられるかは分かりません。


特にマイホームは投資という観点で物事を考えられなくなるので、
より慎重に物件選びをしてほしいものです。

自宅購入or賃貸(選択肢を洗い出す)

2012年06月18日(月)

自宅購入と賃貸とどちらがお得かを考えています。


まずは選択肢を洗い出してみました。

当初は自宅購入と賃貸しか選択肢はないと思っていたのですが、
色々選択肢があることが分かりました。

[1]戸建・購入(現金買い)
[2]戸建・購入(ローン利用)
[3]戸建・賃貸
[4]マンションの一室(区分)・購入(現金買い)
[5]マンションの一室(区分)・購入(ローン利用)
[6]マンションの一室(区分)・賃貸


[3]の 戸建・賃貸 なんて、
不動産投資をはじめるまで、存在自体知りませんでした(笑)



これで選択肢はすべて出したかな?と思ったらまだありました。
 ・新築なのか?中古なのか?
 ・アパートを一棟購入して、その中の一部屋に住む
 ・マンションを一棟購入して、その中の一部屋に住む


これらすべてのパターンについて、小難しい計算式を並べて、
シミュレーションをしても面白く無いので、
自分の得意分野に絞って話をしたいと思います。

家を購入するか?賃貸にするか?

2012年06月15日(金)

今回から数回に分けて、
家を購入するのと賃貸とどちらがお得か考えてみます。


この問題は、人それぞれの答えがあって当然だと思うのです。

にも関わらず、私がこの問題を考えるのには訳があります。


それは、セミリタイアする際に自宅を購入するべきなのか?
と疑問に思ったからです。


不動産投資家目線で、購入と賃貸のどちらがいいか、
考察結果を紹介していきます。

目標を具体的に決めることの重要性

2012年06月14日(木)

今回は、目標を決めることについて考えてみます。

目標を持つという行為はとても大切です。

目標を持たないと行動に移すことができません。

[著名な投資家さんの言葉を借りると・・・]
 何となくお小遣いが欲しいと思った人が、セミリタイアできてしまう。
 そんなことは絶対にありえない。




投資をはじめてからしばらくの間、
私はセミリタイアしたいという漠然とした目標を持って、
ひたすら頑張っていました。

目標を持ってはいたのですが、
漠然とした目標ではモチベーションを保つのも大変でした。


そこで、目指すべきゴール(目的地)を具体的に決めることにしました。

地図がない中、潮の満ち引きに任せて船を進ませるのではなく、
目的地・地図(目的地までの距離)・コンパス(方向性)を持ち、
いつまでに何をしたいか考えることで、具体的な行動が見えてくる。


後は定期的に地図を見直し、
目標に順調に進んでいるかを確認し、
微調整(場合によっては方向転換)する。



うーん、言葉でいうとすごく簡単そうです。
実際はそうでもないですけど(笑)

心技体(新定義)の磨き方

2012年06月13日(水)


続きを読む

心技体

2012年06月12日(火)

今回は、心技体という言葉について考えてみました。


スポーツの世界でよく使われる言葉に心技体というものがあります。
 「心」=精神力・マインド
 「技」=技術・スキル
 「体」=体力・身体の能力



投資においても、これらは非常に大事だと思うのです。

精神面(心)が弱いと
  継続することができない。
  ネガティブに考え、少しのマイナスで諦めてしまう。

技術面(技)が弱いと
  稼ぐことができない。
  稼ぐための根拠が存在しない。



では、「体」は?

もちろん、体力は必要です。
人間は身体が資本ですから。

でも、もっと大事なことがある気がします。

それは、「体験」です。

体験しないと分からないこと、
これをどういかすかが投資では大事だと思います。



次回は、「心・技・体」を
どのように学び、実践していくかについて紹介します。

サラリーマンは報われるのか?

2012年06月11日(月)

以前の私は何も考えず、ただ仕事に打ち込んでいました。

タクシーで帰宅しても、ほとんど寝る時間はなく、
出勤時も自腹でタクシーを使うこともありました。

また、ゴールデンウィークのある日、深夜3時に目が覚めて、
仕事をしないと不安な気持ちになり、
夜中にタクシーを拾って、仕事に向かった事もありました。

今思うと、完全に病気です(笑)


最近、投資をはじめてから、
サラリーマンはいくら頑張っても報われないと思うようになりました。

もちろん、専門技術をつけることはできますし、
(今は)安定した給料を貰っています。


ただし、将来を考えると不安でなりません。

やりたくもない仕事をさせられ、
いくら頑張っても役職がついたら残業代がもらえなくなる。

頑張れば頑張るだけ出世が近づき、給与が下がる。


いかにも旧来型の日本の会社ってカンジです。


こんな会社にいても、モチベーションは上がりません。

今日は休暇を貰いましたが、
自宅で勉強するために使いたいと思っています。

とりあえずやってみる

2012年06月08日(金)

前回は、決断することについて考えてみました。
今回はその続編です。

実は私も決断することが苦手な人間です。


投資は面白そうとは思いましたけど、
リスクが気になり、前に進むことができませんでした。


30年以上生きてきて、自分という人間が少しずつ分かってきたのです。

意思が弱くて、面倒くさがり、ネガティブで・・・


そんな自分を追い込むにはどうすればいいか?
自分なりに考えたのは、とりあえず行動してみることでした。


興味を持ったら、まずは調べる。
調べた上でやってみる価値があると思ったら、とりあえずやってみる。


「とりあえず」という言葉は、
なんとなく・適当にやっている ようなイメージですが(笑)、
とりあえずやってみることで自分を背水の陣に追い込むことができます。



やってしまった以上、今まで以上に勉強しないといけない!

私にとっては、これが非常に大きな分岐点でした。

日々努力していれば、いつか歯車が回り始めると思いますが、
歯車が回り出すキッカケが何なのかはその人次第だと思います。



もちろん大きな失敗ができないという気持ちも分かりますので、
小さくてもいいからやってみるというのがいいかもしれません。

何でもいいから挑戦する。
挑戦なくして成功はありえないのです。

もし決断できない方がいたら、小さいことでもいいから、
「とりあえず」やってみることをオススメします。

決断力

2012年06月07日(木)

今回は、決断することについて考えてみます。

私のことを「投資の師匠」と慕う方がいます。

仮にAさんとします。

私は、まだセミリタイアもしていないので、
師匠と呼ばれるほどのことはしていないつもりです。
それなので弟子といった形ではなく、
投資仲間の一人としてAさんを応援しています。


Aさんは、まだ投資をはじめていないのですが、
今年中に●●をしてみたいという目標があるようです。


私は、数ヶ月ぶりにAさんに近況を聞いてみました。
すると、まだ一歩が踏み出せないと言われました。


うーん、肝心なところで決断ができていませんね。


もちろん勉強をすることは大事です。
しかし、投資に100%成功はありえないのです。


私も決断力が高い方ではありませんが、
日頃からなるべく保留せずに決断する機会を増やすべく努力しています。

決断の機会を増やすことで
人生を左右する大事な時に慌てないようにするのが狙いです。
(Aさんにとっては今がまさに大事な時だと思います)


皆さんも決断力を高められるよう努力しましょう。

住民税還付

2012年06月06日(水)

今回は、節税テクニックを紹介します。

昨年はじめて不動産を購入したのですが、
その際に住民税の還付を申請しました。

簡単にいうと、
不動産経営に多額の経費がかかったから、
住民税をまけてくださいよ とお願いしたということです。


あくまで合法の範囲で節税したのですが、
周囲の納付額と全然違う・・・

やっぱり月10000円以上節税すると大きな効果です。


といっても、この方法にも問題があります。

不動産購入時は色々な費用を経費化できるのですが、
将来的には経費化できる金額が少なくなり、
普段より多く納税する必要があるのです。

つまり現金を早く受け取るだけのテクニックなんですよね。
(年金支給額を少なくしてでも60歳から支給を受けるようなイメージです)


結局、受け取った現金をうまく運用することが必要になります。


また、不動産を購入していることが会社にバレたら、
クビになる可能性があります。

安易な気持ちで不動産を購入しようとする方もいますが、
節税もあくまで自己責任で行ってください。

1000円カットを利用したことがありますか?

2012年06月05日(火)

今回は、激安理髪店について紹介します。

安くて速い、そんなお店で有名になった1000円カットですが、
カット技術は高いと言えるのでしょうか?


個人的には、お店・店員さん次第という評価です。

カットが終わった後に、
ハズレ店員さんだった・・・という事も少なくありません。



こういった状態を回避するべく、案を2つ考えました。


※案1
店員さんを指名する。

激安理髪店なのに指名?と思った方もいるかもしれません。
指名料がかかりますが、そういうお店もあります。

HAIR CUT SALON it's!
http://www.eits.jp/salon/


※案2
連休直前にカットしにいく。
仮に失敗したとしても連休中でそれなりに見えるようになる。



4000円の理髪店と1000円カットとの差額3000円。
年間換算すると結構な額になりますよね。



小さいお子さんをお持ちの親御さん、
ヘアカットに数千円出すのは高いと感じる方、
忙しくてカットに時間をかけられない方、
行きつけのお店がないという方、
一度利用されてみてはいかがでしょうか。

他人が主人公の物語はつまらない

2012年06月04日(月)

投資をはじめるまで、私の趣味はスポーツ観戦でした。

ところが今では、スポーツ観戦をほとんどしていません。


時間がもったいないというのもあるのですが、
一番大きな理由は、
応援は楽しいが、結局プレーしているのは他人であり、
自分がどれだけ応援しようと結果に繋がりづらいというものです。



どうせ一度しかない人生なのだから、自分を極限まで高めて、
人生という物語が楽しくなるよう努力しよう
と考えることにしました。


物事がうまくいかないのは、
自分の努力が足りないから、やり方が間違っているから、
という風に割りきってしまえば、努力も苦ではありません。


他人を応援するのではなく、
もっと自分を応援(自助努力)してみてましょう。

欲しいものを何でも記憶してくれるシステム

2012年06月01日(金)

前回は、つんどく(積読)をしないためのコツとして、
Amazonのほしい物リストを紹介しました。

今回は応用編です。
ほしい物リストを用いるとAmazon以外の商品も記憶することが可能です。

これで本に限らず、何でも
ほしい物を忘れたり、衝動買いを回避することができます。


そのためには、「ほしい物リストボタン」を
ブラウザ(Internet Explorer等)にインストール(導入)する必要があります。


Internet Explorer、FireFox、Google Chrome等で使えるので、
もしよかったら使用してみてください。

※ヘルプページ
http://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html/ref=hp_left_sib?ie=UTF8&nodeId=200442670


これで本に限らず、何でも衝動買いを防ぐことができると思います。

以前紹介した記事(下記参照)と組み合わせて活用してみてください。
http://archive.mag2.com/0001496610/20120503065000000.html

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。