IT革命

ITを活用したセミリタイア実践記 > スポンサー広告 > 昔のホームページを見よう!> [テスト]未分類1 > 昔のホームページを見よう!

プロフィール

落合 博

Author:落合 博
IT革命を起こしてセミリタイアを目指します!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔のホームページを見よう!

2012年04月28日(土)

今回は、昔のホームページを保存している
アーカイブサイトについて紹介します。

お気に入りのページがいつの間にか消えてしまったとか、
リンク先が削除されてみられなかった場合に有効です。


※インターネットアーカイブ( http://archive.org/web/web.php )
■内容紹介
インターネットアーカイブは、プログラムが自動で
インターネット上のホームページを集めています。

すべての過去履歴が掲載されているわけではありません。
残っていたらラッキーくらいに考えて検索してみましょう。

■使い方
[The Wayback Machine]と記述されている部分の下にある
http:// の続き(URL)を入力して、[Take Me Back]ボタンを押すと
URLに合致するページの過去履歴をみることができます。



※ウェブ魚拓( http://megalodon.jp/ )
■内容紹介
ウェブ魚拓は、インターネットアーカイブと違い、
ユーザ個人がアーカイブを保存するという方法を用いています。

他の人がとった魚拓(過去のホームページ)を確認することもできるので、
自分が魚拓を保存していなくても、過去のページが見られるかもしれません。

■使い方
 ・魚拓をみるとき(過去ホームページの閲覧)
  [手順1]「URLで魚拓を検索:」の欄に、閲覧したいURLを入力して、
      「検索」をクリックする。
  [手順2]取得済みの魚拓一覧が表示されるので、
      自分がみたい時間のリンクをクリックする。

 ・魚拓をとるとき(保存)
  「記録したい URL を入れてボタンを押してください。」の欄に、
  取得したいURLを入力して、「下記規約に同意し取得」をクリックする



今後も分かりやすい言葉でIT技術を解説していきます。

スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL:
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。