IT革命

ITを活用したセミリタイア実践記 > スポンサー広告 > 楽天市場を使いこなそう!> [テスト]未分類1 > 楽天市場を使いこなそう!

プロフィール

落合 博

Author:落合 博
IT革命を起こしてセミリタイアを目指します!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽天市場を使いこなそう!

2012年05月08日(火)

ネット上で安い商品を探すためのコツを紹介しています。

今回は 「楽天市場」 をとりあげます。

※利用方法
楽天市場( http://www.rakuten.co.jp/ )の画面上部にある
検索ボックスに買いたい商品を入力し、検索ボタンを押します。

楽天市場の特徴は、何といっても店舗・商品数の多さです。
利用者も多いため、数々の便利なサービスが用意されています。

その一つが楽天ポイントというポイント機能です。
土曜日に楽天カードを用いて楽天市場で買い物をすれば、
それだけで購入金額の3%のポイントがつくという仕組みがあります。



他のショッピングサイト同様、下記の項目にて並び替えが可能です。
 [価格の安い順]・[価格の高い順]・
 [新着順(掲載日順と考えてください)]・[感想の件数が多い順]

感想の件数が多い順で並び替えると、
より人気のある商品を見つけやすいというメリットがありますが、
評価が高い順に並んでいるわけではありません。

特に商品の感想を書くと送料無料とかオマケプレゼントといった特典をつけて
感想の件数を荒稼ぎしている業者もいます。

購入者にどのような評価をされているかは、
各々の商品について、商品の感想を見る必要があります。

この点においては、Amazonの方が使い勝手がいいかもしれません。


□メリット
 ・圧倒的な商品の数!
 ・楽天ポイントによる割安感あり
  (買い物すれば+1%、楽天カードで+1%、土曜日ならさらに+1%)
 ・感想件数の多い順に並び替えることで人気商品を見つけやすい
 ・利用者の感想が読める(ステマの可能性もあります)

□デメリット
 ・評価が高い順に並び替えることはできない
 ・商品の感想ページを開かないと商品の評価を確認できない
  (他のショッピングサイトは検索一覧である程度確認できます)

今後も分かりやすい言葉でIT技術を解説していきます。

スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL:
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック

まとめtyaiました【楽天市場を使いこなそう!】

ネット上で安い商品を探すためのコツを紹介しています。今回は 「楽天市場」 をとりあげます。※利用方法楽天市場( http://www.rakuten.co.jp/ )の画面上部にある検索ボックスに買いたい商品

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。