IT革命

ITを活用したセミリタイア実践記 > スポンサー広告 > GoogleでAND条件・OR条件を使いこなそう> [テスト]未分類1 > GoogleでAND条件・OR条件を使いこなそう

プロフィール

落合 博

Author:落合 博
IT革命を起こしてセミリタイアを目指します!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GoogleでAND条件・OR条件を使いこなそう

2012年04月18日(水)

今回からしばらく「Google検索の上手な使い方」について紹介します。

Googleは、有名な検索エンジンサイトです。
 検索エンジンサイト…インターネットの情報をたくさん検索できるサービス
 [Google] http://www.google.co.jp/

まずは、Googleを開いてみましょう。
検索したい言葉を入力することができます。

試しに [パソコン] と入力して、[Google検索]ボタンを押してみます。
検索の結果は、なんと約9億件!
一生かかってもすべてのページを見るのは難しい量です。


□AND条件を使おう!
9億件の結果をすべて見るわけにはいかないので、
もっと細かい条件をつけて検索を実施します。

パソコンの中でもSonyのパソコンを検索することにします。
[Sony パソコン]のように検索したい単語をスペースで区切ることで、
[Sony]という単語と[パソコン]という単語の両方を持っているページが検索できます。
検索結果は、約668万件まで減らすことができました。

このように2つ以上の単語をスペースで区切って検索することで、
すべての単語を含むページを検索する方法をAND条件といいます。
(言葉は無理に覚える必要はありません。手順だけ覚えればいいんです。)


□OR条件を使おう!
AND条件とすべての単語を含むページを検索するのに対して、
複数の単語のうち、どれか1つでも含むページを検索する方法をOR条件といいます。

[デスクトップパソコン]と[ノートパソコン]のいずれかを含むページを検索したい場合は、
単語と単語の間を スペースORスペース で挟みます。
 例 [デスクトップパソコン] OR [ノートパソコン]

この方法により、2つ以上の単語のうち、
1つでも含んでいるページの一覧を検索することができます。


今後も分かりやすい言葉でIT用語を解説していきます。

スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL:
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。