IT革命

ITを活用したセミリタイア実践記 > スポンサー広告 > 不動産売買した時にのみかかるお金> [テスト]未分類1 > 不動産売買した時にのみかかるお金

プロフィール

落合 博

Author:落合 博
IT革命を起こしてセミリタイアを目指します!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

スポンサーサイト

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不動産売買した時にのみかかるお金

2012年06月28日(木)

今回は、不動産を売買をした際にかかる諸費用について紹介します。


※仲介手数料
売買を仲介してくれた不動産業者に支払うお金です。
購入金額の3%に6万円を足した金額に消費税を加えた金額になります。
(約3%と覚えましょう)


※登記費用
登記費用を説明する前にそもそも登記とは?

登記とは、法令に従い、
所有権等の権利を登記簿と呼ばれる帳簿に記載することをさします。

難しい・・・。

要は不動産を購入したことを
公的機関に認めてもらわないといけないということです。

登記は司法書士に依頼することになります。
司法書士に支払う報酬+名義書換料を登記費用と呼びます。



※火災保険、地震保険
火災保険は読んだままの意味です。
地震保険は火災保険に入ったら、オプションとして入る事ができます。
(地震保険単体での加入はできません)


次回から、賃貸側の話をするつもりです。

スポンサーサイト

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL:
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

トラックバック

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。